RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

人生いろいろ。

命日@お墓参り。
0



    今日5月5日は母の8回目の命日でした。

    毎年5日は休みをもらえるのですが、今年は
    人員の関係で昨日(4日) が休みになったので
    一日早く お墓参りに行きました。



    毎年 この時期は感情が不安定になるのですが、
    不思議と今年は さほど それがありません。

    凄く何となくなんですけど、母が私の中に居る
    みたいなんです。

    母を何にも感じはしないんですよ。
    でも、私の嗜好が母の好みっぽくなっているんで
    そうなのかな?と思ってるだけなんですけどね。。



    8年経った今でも あえて母を思い出さないように
    しています。やっぱりね、ダメなんですよ今でも。

    母を思うと浮かんでくるのは最期の姿ばかりで、
    楽しかった頃を思い出すと辛くなるんです。

    人は年齢と共に記憶力が薄れたり曖昧になるもの。
    それは私も然り。

    母はどう思うか分かりませんが、私はそれを悲しい
    ことだとは思ってはいないんです。

    『思い出さないこと』でしか 心の安定を保てない。
    薄情だと言われても仕方ないけれど、私は そうで
    しか 生きて行けない人間なので。。

    | 母のこと。 | 20:21 | comments(4) | - | - | - |
    誕生日。
    0



      今日は母の誕生日でした。


      なのに特別なことは なーんにもしてないんです。
      昨日作った さつまいもパウンドケーキを切って
      ポットコーヒーを入れただけ。


      薄情に思うでしょ?
      誕生日だからといって特別なことをしない家で、
      誕生日のお祝いをしたのは私が幼稚園の頃かな、
      記憶にあるのは。


      母って 私の誕生日を忘れる人だったんですよ。
      私の幼少期は無口で大人しい子だったんで( ←過去形 )
      誕生日の夜に『今日は何の日だ〜?』って 母に聞くと

      わかーんなーい ! (  ̄▽ ̄)

      でしたから。。


      母が覚えてくれるまで『私の誕生日はいつだ?』
      って聞いたのを鮮明に覚えてます。( ̄∇ ̄;)


      まぁ そんな わが家でしたから、誕生日のお祝い
      ってのもやらず だったんです。


      だから、ってのは言い訳なんでしょうけども、今だに
      お祝いをしない習慣が残ってるワタクシです。


      あっ!お祝いをしないというだけで、おめでとう
      は言いますし、色々を想い出してもいますからね。


      永遠の38歳と言っていたお母さん、
      お誕生日おめでとう♪♪

      | 母のこと。 | 22:35 | comments(0) | - | - | - |
      母の味。
      0



        先日ご紹介した母が漬け込んだ梅味噌ですが、
        ついに今日 蓋を開けてしまいました。


        今日は特別な日でも何でもないんです。
        なんとなくというか、なんとなくです。(笑)







        粒々の入った味噌を使用したみたいですが、
        私はその粒々が嫌いなのでザルで濾しました。

        向こう側に見えるのは肉団子ではなく梅です。(笑)




        この世に残る たった一つの母の味を残すべきかいなか
        悩みに悩み蓋を開け、ドキドキワクワクしながら舐めた梅味噌は
        すっかり味を変え、ただのしょっぱい味噌になっていました。



        本来の梅味噌は 少し甘さのある『梅香る酢味噌』
        のような味なのですが、これは甘さも梅の香りもしない しょっぱさが目立つものでした。
        (奈良漬けに似た香りがするような しないような)



        砂糖を足してどうにかするか、もしくは『味噌』として
        味噌炒めに使おうか悩み中です。



        梅酒のように漬け込めば漬け込むほど良い味になるものもあれば
        長く漬け込まない方が良いものもあるのですね。
        勉強になりました。。



        こんなことなら もっと早く蓋を開けていればと後悔です…。

        | 母のこと。 | 22:28 | comments(0) | - | - | - |
        梅。
        0

          近くに梅の名所があるという事もあり、母は毎年
          梅の時期になると梅味噌を仕込んでいました。


          梅の香りのする酢味噌ににていて、酢味噌代わりにしたり
          ドレッシングにアレンジして食べても美味しんです。


          母の自慢の一つでもありましたが、味を知った知人の方々から
          頼まれたりプレゼントをするようになり、終いには
          物凄い量の梅味噌を仕込んでいたのを想い出します。


          梅の処理が少し面倒臭いのですが、母の事ですから
          超が付くほどアバウトに仕込んでいました。






          一緒に仕込んだ事はありませんでしたが、母を想い出して
          梅味噌を仕込んでみました。


          らっきょうと同じく作り方は色々あるようですが
          母の作り方を参考にしてみました。

          梅を傷つけるという行程を忘れてしまいましたがそこは母の娘、
          まぁ、なんとかなるでしょう。(笑)






          こちらは生前、闘病前に母が仕込んだ梅味噌、唯一
          母が残してくれた母の味です。


          もう二度と味わう事が出来ないと思うと食べられず
          今だに冷蔵庫で眠っています。。






          梅味噌に使う梅は多少の傷があっても大丈夫だと言っていました。


          傷がある梅は梅味噌に、綺麗な梅を使用して
          梅ジュース(シロップ)に挑戦してみました。


          私も母も知らないジュースの世界、上手く仕上がりますように。

          | 母のこと。 | 23:58 | comments(0) | - | - | - |
          らっきょうの想い出。
          0



            私の好物の一つであり、母との想い出の一つでもある らっきょう、
            なんとなく作ってみたくなり数年振りに仕込んでみました。






            数ある作り方の中から私が選んだのは下記の方法。

            1.泥を洗い落としながら薄皮を剥く
            2.上下を切り落とす
            3.水分を拭いたら塩をまぶし2〜3日置く
            4.流水で塩抜きをする
            5.水分を拭いたら甘酢に漬け込む(最低一ヶ月)



            さてさてウマウマに仕上がるでしょうか。
            はたまた笑い話になるでしょうか。

            結果は夏まで おあずけです。。



            −−−−−ここからは らっきょうの想い出話です−−−−−


            まだ母が闘病を始める前なので 10年以上前の話になりますが
            知人から大量の らっきょうを頂いた事がありました。


            母の知人ですから60代の方でしたが、その方は梅を漬けたり
            山菜を収穫しては下処理をして持って来てくれたりと
            季節毎に何かしら手作りされている方でした。


            九州(大分)から状況し、長らく都内暮らしの母も
            こちら埼玉県に移り住んでからというもの
            食材を手作りしたりしていました。


            しかしながら らっきょうには手を出した事はなく、
            まして らっきょうを手作り出来る事なんて知りませんでした。


            今でこそネットで調べてから作りますが、その時は
            何故だか知人に聞いた方法で作ったのです。


            ・らっきょうの泥を洗い落とす
            ・らっきょうの上下を切り落とす
            ・しばらく流水で晒す
            ・甘酢に漬ける


            らっきょうには様々な作り方があるのを最近知りましたが、
            知人が教えてくれた方法は上記のものでした。


            問題は赤字の『流水で晒す』なのですが、らっきょうが
            あまりにも大量だったので 母と考えたあげく
            浴槽を利用したのが間違えの元となりました。


            『漬け込んだ容器は洗っても臭いが落ちないので
            諦めて らっきょう専用にしましょう』
            と言われるほど
            臭いが強烈で 臭いが落ちないのです。


            それなのに浴槽を利用した訳ですから しばらくの間は
            らっきょう臭いお風呂になってしまった経験がありました。


            らっきょうが大好きな私ですが、この時に出来上がったものは
            ビックリするほど美味しくなくて1粒しか食べられなかった
            そんな記憶があります。


            母は酸っぱいものが苦手だったので食べなかったハズ、
            あの大量のらっきょうをどうしたのかは不明です。


            この出来事以来、二度とらっきょうに手を出す事はなくなり
            私と母の笑い話の一つになりました。


            −−−−−

            | 母のこと。 | 20:05 | comments(0) | - | - | - |
            想い出。
            0

              命日の記事にとんでもない間違えを発見、
              母が亡くなって今年で9年ではなく7年でした。。

              −−−−−−−−−−

              亡くなった人を想い出す事が一番の供養だと言いますが、
              私は無理に想い出さないよう生きて来ました。


              私の中の母の姿は闘病で苦しい日々や最期の姿しか
              想い出されませんでしたし、それが哀しみや私の中にある
              マイナスの感情を強く引き出してしまうからで、
              それによって前向きにもなれず また、生きなければならない
              という力を奪ってしまう事を私自身が分かっていたからです。



              過去をしまい込んでいるのかも知れませんが、
              私はたぶんですが記憶の障害を持っていると思います。


              幼少期の事はもちろん、母の事すら今は薄くしか
              想い出す事が出来なくなっていますが、不思議と
              命日の近辺は母を想い出す事が多くあります。



              昨日は母が生前に私を含めて家族と住んでいた近所で
              職場の食事会がありました。


              会場となったレストランは入り組んだ住宅街の中にあるのですが、
              以前の家に引越して間もなくの時に母と一緒に車で迷い
              このレストランを発見し『一度は行ったいね』
              と言っていた場所が今回のレストランでした。



              以前の家をなんとなく見てみたくなり 自力(車)で
              行きたかったのですが、駐車場の関係で全体が
              会場となったレストランのマイクロバスで行く事になりました。


              残念に思っていましたが、母が見せてくれたのか
              なんとマイクロバスは以前の家の前を通ったのです。


              沢山の想い出が詰まったあの家は、約7年の間に姿を変え
              建物が完全に建て替えられており、オシャレな
              今風のお宅になっていました。



              アルコールありの食事会ですが、一人が注文したのをきっかけに
              なぜか多くの女性陣がクリームソーダを注文しました。


              昔懐かしいグリーンのクリームソーダ、中には
              缶詰のサクランボが浮いていました。


              昔から母はドリンクに入っているサクランボを
              食べはせずに『潰す』のです。


              『再利用されたら嫌でしょ♪再利用するかも知れないし♪』


              これが母の潰す理由でした。(笑)



              職場の行事は閉店後に行われるので断りたかったのですが、
              今回だけは なかば半強制でしたので嫌々の参加ながらも
              母を想い出す事の出来た食事会になりました。


              | 母のこと。 | 13:45 | comments(0) | - | - | - |
              1234。
              0

                昔からお世話になっている方と電話でお話をした。

                『辛い時や苦しい時こそ笑顔でね』

                『1・2・1・2と言うと嫌でも口角が上がるのよ』

                『1・2・3・4まで言えば もっと口角が上がるでしょ』


                今の私の辛くて苦しい状態を知らないハズなのに
                それに見合った話をするから不思議な人だ。

                今日は給料日だったのに絶対に必要な支出を引くと
                残りは1万8千円@貯金0。
                (ちなみに支出に食費は含まれていない)

                こういう時こそ笑顔で過ごそう。1・2・3・4。




                そしてさりげなく先日の出会いを話してみた。

                『それはね、ご両親を想い出す為の必然の出会いよ。
                居ても居なくても ご両親には感謝して暮らさないとね』


                今となっては継父には何の感情も無く、母の命日だって
                ささやか過ぎるお花だったし、近頃ではめったに
                お花を飾りもしていない。






                陽気が暖かくなりトマトが美味しい季節になった。

                トマトが好きなクセに『くし切り』だけを食べなかった母。

                理由は『切り方が嫌い』なのだとか。






                だから昔から我が家はこの切り方。

                かけるのは醤油でもマヨネーズもなくソース(中濃)。

                | 母のこと。 | 00:13 | comments(0) | - | - | - |
                プレゼント。
                0

                  母が居た時は頻繁に、今は数ヶ月に一度ですが
                  とある場所に行っています。

                  沢山の人が集まる場所ですが 私の知り合いは いません。
                  (いるには いますが そこでは会わないので)

                  詳しい内容は言えませんが怪しい所ではありません。



                  今日 久しぶりに行ったのですが、見知らぬ方お二人に
                  『少しお話をしませんか?』と声をかけられました。

                  お二人とも私とは初対面でしたが、私が名前を告げると
                  『もしかして○○さんの娘さん?』と お一人の方に聞かれました。

                  聞けば母をよく知っているらしく、その方のお宅にも
                  母はお邪魔した事があるそうです。

                  『○○○○(母のフルネーム)の娘です』
                  今は殆ど口にする事も無くなってしまいましたが、
                  口から発した母の名前が懐かしくもあり とても
                  満ち足りた気持ちになりました。



                  もう お一人の方とは考えや感情の持ち方が私と似ていて
                  ほんの数分程度ですが 楽しい時間を過ごす事が出来ました。



                  今日は私の誕生日でしたが、素敵なお二人との出会いを
                  母が私にプレゼントしてくれたのだと思います。

                  | 母のこと。 | 18:08 | comments(0) | - | - | - |
                  命日。
                  0

                    季節的に一年で一番良いのは5月なのだろう。


                    私と愛犬(エピ)は5月に生まれた。


                    けれど祖父も母も愛犬(ブライアン)も5月に旅立った。


                    愛犬(エピ)が誕生してくれたこの月は喜ばしいけれど、
                    失ったものが大き過ぎる5月は 何年経っても辛過ぎる月だ。






                    こどもの節句である今日は母の命日。






                    もう7年が経ちました。

                    母を愛し、母も溺愛していた愛犬(ブライアン)は
                    それから2年後の同じ月である5月1日に母の元へ行きました。






                    母のお墓から1分とかからない場所に愛犬のお墓があります。

                    火葬と埋葬をお願いした共同墓地ですが、ここに行っても
                    愛犬の何かを感じる事はありません。

                    たぶん今も母と一緒にいるので ここには魂も何も
                    無いのだと思います。






                    今年はどこも花が品薄で 寂しい供花になってしまいました。。


                    母は『遺骨はただのカルシウムなのよ』とよく言っていました。
                    何かの歌ではないですが、だから魂はお墓には無いのだそうです。

                    やはり母のお墓でも母の何も感じる事はありません。



                    けれど『お墓参りは何かの切り替わりの意味もある』
                    のだそうです。(母談)

                    私は毎年、母が最期に入院した4月からこの時期にかけて
                    マイナスの感情になりますが、私にとっての切り替わりは
                    マイナスからプラスへの感情の切り替わりのようです。


                    | 母のこと。 | 19:44 | comments(0) | - | - | - |
                    ありがとう。
                    0

                      私が初めて愛犬の異様(足の付け根にある"しこり")
                      に気が付いたのは母の誕生日である11月25日でした。


                      母が夢に出て来なかったらMさんとの再会は今だに
                      していなかったでしょう。




                      母はお祝いや記念日など関係なく よくお赤飯を炊く人でした。

                      なんとなく食べたくなって 昨夜はお赤飯を炊きました。

                      生前 好んでいたコーラも久々に買って来ました。

                      **********************

                      お母さんへ。

                      あなたが『王子』と言っていた あなたの大切な
                      大切な宝物であるモモタロウは 私にとっても宝物である
                      と同時に あなたからの大事な預かりものでもあります。

                      私に出来る事は限られているけれど、その限りある中で
                      出来る限りを尽くしてモモタロウを守りますからね。

                      私一人で抱えきれない時があるでしょうから、どうか
                      すぐ傍で見守っていて下さいね。

                      そしてモモタロウの すぐ傍に寄り添ってあげて下さい。

                      迎えに来たり、一緒に連れては行かないで下さいね、
                      これだけは絶対に約束して下さい。お願いします。

                      しこり に気づかせてくれて ありがとう。
                      Mさんに再会させてくれて ありがとう。

                      今でも お母さんの事を愛していますよ。

                      | 母のこと。 | 01:09 | comments(0) | - | - | - |