RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

人生いろいろ。

<< 今後。 | main | プレゼント。 >>
命日。
0

    季節的に一年で一番良いのは5月なのだろう。


    私と愛犬(エピ)は5月に生まれた。


    けれど祖父も母も愛犬(ブライアン)も5月に旅立った。


    愛犬(エピ)が誕生してくれたこの月は喜ばしいけれど、
    失ったものが大き過ぎる5月は 何年経っても辛過ぎる月だ。






    こどもの節句である今日は母の命日。






    もう7年が経ちました。

    母を愛し、母も溺愛していた愛犬(ブライアン)は
    それから2年後の同じ月である5月1日に母の元へ行きました。






    母のお墓から1分とかからない場所に愛犬のお墓があります。

    火葬と埋葬をお願いした共同墓地ですが、ここに行っても
    愛犬の何かを感じる事はありません。

    たぶん今も母と一緒にいるので ここには魂も何も
    無いのだと思います。






    今年はどこも花が品薄で 寂しい供花になってしまいました。。


    母は『遺骨はただのカルシウムなのよ』とよく言っていました。
    何かの歌ではないですが、だから魂はお墓には無いのだそうです。

    やはり母のお墓でも母の何も感じる事はありません。



    けれど『お墓参りは何かの切り替わりの意味もある』
    のだそうです。(母談)

    私は毎年、母が最期に入院した4月からこの時期にかけて
    マイナスの感情になりますが、私にとっての切り替わりは
    マイナスからプラスへの感情の切り替わりのようです。


    | 母のこと。 | 19:44 | comments(0) | - | - | - |